1.名称
第45回沖縄の産業まつり ポータルサイト・地域分散開催

2.開 催 理 念
生産者の生産意欲の高揚と県産品に対する消費者意識の啓発に努めるとともに、時代のニーズに対応した新製品の開発と品質の向上を促進し、もって県内外市場の拡大を図り、特色ある本県産業の振興に資する。
全産業を網羅した総合産業展として位置づけ、幅広く県民へピーアールすることにより、県内産業に対する県民の意識を深めることとする。

3.実 施 内 容
長引く新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点から今年度も奥武山公園での開催が困難である。そこで、昨年開催したポータルサイト・地域分散開催をブラッシュアップする方法で実施する。広報宣伝はポスター、テレビ・ラジオCM等を予定している。
(1)ポータルサイト(出展者情報発信)
産業まつり特設ポータルサイトを作成する。そこに出展する事業者や支援機関の出展品目等を掲載するとともに各出展者のホームページにリンクさせ、リンク先では展示や通信販売、企業紹介など幅広く行う。
(2)地域分散(既存事業との連携含む)
県庁前県民広場、パレット久茂地前広場等でリアルな催しを実施する。各地では出展企業の既存店や飲食店、酒蔵、工場施設等で全県に分散した形にして極端な密集を避け、特措法に基づく緊急事態措置に係る沖縄県対処方針及び新型コロナウイルス感染症に係る沖縄県イベント等実施ガイドラインを遵守し実施する。

4.テ ー マ
県産品 使って贈って 笑顔の輪

5.主催・実施
沖縄の産業まつり実行委員会

6.後 援(16社/順不同)
沖縄タイムス社・琉球新報社・NHK沖縄放送局・琉球放送・琉球朝日放送・沖縄テレビ放送・ラジオ沖縄・エフエム沖縄・朝日新聞那覇総局・毎日新聞社那覇支局・読売新聞西部本社・産経新聞社那覇支局・日本経済新聞社那覇支局・共同通信社那覇支局・時事通信社那覇支局・日刊工業新聞社西部支社

7.会期
令和3年10月23日(土)~24日(日) 午前10時~午後6時

8.会場
(1)ポータルサイト https://sangyo-maturi.okinawa
(2)地域分散

事業構成と企画内容

1.県産品の紹介及び販売
①ねらい
県産品に対する消費者の認識を深め、県産品の優先使用及びその奨励を図ることにより、需要の拡大を促進し、産業の振興を図る。
②企画内容
ポータルサイト内に下記、カテゴリーを設け、県産品の紹介及び販売他を行う。
 ・産業まつり de 限定商品・新商品
 ・産業まつり de 食品・飲料・健康食品
 ・産業まつり de 泡盛
 ・産業まつり de ビール
 ・産業まつり de かりゆしウェア
 ・産業まつり de 建設資材
 ・産業まつり de その他製品
 ・産業まつり de 市町村一押し
 ・産業まつり de 学ぶ
③実 施
(公社)沖縄県工業連合会

2.支援機関
ポータルサイト内の 産業まつりde 学ぶ のカテゴリーに、支援機関等の取組を紹介する。
(1)沖縄県推奨優良県産品事業
①ね ら い
本年度より事業内容の見直しを行ったため「沖縄県優良県産品推奨制度」について、広く県民に同制度の周知を図る。
②企画内容
【新たな推奨制度のポイントについての紹介】
 ・「稼ぐ力」の強化を推進する取組へ。
 ・部門を「一般の部」「工業製品の部」へ変更、商品の発掘をサポート「NEXT 部門」の新設
 ・販路開拓の強化及びサポート体制の充実
 ・ロゴマークの変更
③実 施
沖縄県商工労働部マーケティング戦略推進課、(株)沖縄県物産公社

(2)沖縄の中小企業 魅力 ”再 ”発見展
①ね ら い
県内の各地域にて魅力ある商品・事業を展開している企業に対し、「Web版 沖縄の産業まつり」への掲載を呼びかけ、Webサイト掲載の取りまとめを行うことにより、多くの県民や企業に、地域の中小企業が提供する商品やサービス等を周知し、販路拡大やビジネスマッチング等に繋げることを目的とする。
②企画内容
公社ネットワーク会員企業や支援企業等のうち、Webサイトを保有し、魅力ある商品
・事業を展開している企業に対し、「Web版 沖縄の産業まつり」への参加を呼びかけ、 30社程度のWebサイト掲載の取りまとめを行い、県民に対して商品をPRし、販売を促進する。
出展する企業は、①Web上で販売可能なECサイト等を保有していること、②商品画像等の提供ができること、③公社ネットワーク会員企業や支援企業であることなどを優先して選定していく。
③実 施
(公財)沖縄県産業振興公社

(3)沖縄県衣類縫製品工業組合 新作かりゆしウェア
①ね ら い
半袖シャツが主流であった「かりゆしRウェア」の新たなアイテムとして、沖縄の伝統的衣類である「ドゥジン」を現代の時流にマッチした新たな形に創造し、風通しの良い着心地の良い衣類として提案する。
②企画内容
組合加盟企業の2021-2022新製品の展示
また、新たに試作・開発中の涼感素材を用いた、沖縄から発信するエネルギーに頼らない暑さからの開放を提案する。
③実 施
沖縄県衣類縫製品工業組合

(4)中城湾港新港地区モノづくり展
①ね ら い
中城湾港新港地区立地企業の様々な製品を県内外へ広くPRすることにより、沖縄県の製造業等の拠点となっている本地区の振興を図ることを目的とする。
②企画内容
中城湾港新港地区に立地する企業の会社ホームページや製品紹介動画等をポータルサイトにて掲載する。
③実 施
事業主:中城湾港開発推進協議会協 力:うるま市・沖縄市

(5)産学官イノベーション創出展
①ね ら い
沖縄産学官イノベーション創出協議会では、沖縄地域のイノベーション創出を図ることを目的として県内の産学官関係者が参加するネットワークを形成している。
産学官連携に資する情報の提供も活動の一環としていることから、沖縄県のイノベーション創出に向けた取組みを県民にわかりやすく紹介する。
②企画内容
ミニ・オープンラボ
本協議会の参画機関・企業へ出展を募集し、各自の取組みや開発商品等の紹介を行う。
③実 施
沖縄産学官イノベーション創出協議会
(琉球大学、沖縄工業高等専門学校、沖縄職業能力開発大学校、沖縄県工業技術センター、沖縄TLO、(一社)トロピカルテクノプラス、沖縄健康バイオテクノロジー研究開発センター・沖縄バイオ産業振興センター、沖縄ライフサイエンス研究センター、(一社)沖縄県環境・エネルギー研究開発機構、沖縄女子短期大学産学連携推進センター、沖縄科学技術振興センター、沖縄総合事務局経済産業部
事務局:琉球大学研究推進機構、沖縄総合事務局経済産業部地域経済課

(6)WOJ認証(WELLNESS OKINAWA JAPAN認証制度)
①ね ら い
沖縄の自然、伝承、文化の恵みを健やかな暮らしを願う人々に届けたいという思いから設立された沖縄県産健康食品ブランド「WOJ認証」(WELLNESS OKINAWA JAPAN認証制度)の制度紹介と認証商品を紹介し、広く県民に同制度の周知を図る。
②企画内容
アWOJ認証商品の紹介
イWOJ認証基準の紹介
ウ第7回認証商品の募集
③実 施
(一社)沖縄県健康産業協議会 事務局:(一社)トロピカルテクノプラス

1.第24回商工会特産品フェア「ありんくりん市」
(1)趣 旨
商工会の伴走型支援等により開発された特産品等を中心に、商工会地域逸品を沖縄の産業まつりに集め、流通業者・消費者など多くの県民に、商工会地場産品の良さをアピールし、県内外における販路拡大を図る。
(2)会期及び会場
①会期:令和3年10月23日(土)~10月24日(日) 10時~18時
②会場:パレットくもじ前イベント広場(1階)
(3)事業内容
①商工会が実施する伴走型支援等で開発された特産品を中心とした、商工会地域産品の展示・即売及びPRを行い、広く県民に商工会地域産品を紹介する。
②流通業者との交流を図ることにより、販路拡大を図る。
③県連ホームページで特産品フェア「ありんくりん市」の案内を行い、商工会地域特産品のPRを行う。
④各商工会の指導員は「ありんくりん市」出展事業所の特産品のPR及び販売促進等の現場指導を行い、事業者の自律的な出展に向けた販売スキル向上を図るものとする。
⑤商工会特産品コンテストに係る「県知事賞」及び「県連会長賞」の表彰式を開催する。
⑥新型コロナウイルス感染症予防対策として、県の主催イベント等実施ガイドラインに基づき来場者の連絡先登録、入場制限、検温、消毒、3密回避等の予防策を実施する。
(4)広 報
出展者一覧及び会場案内図(レイアウト)を掲載した販促用チラシを発行するとともに、県連のホームページ(グーペ機能等)にて事業者のイチオシ商品(1品のみ)を掲載する。
(5)実施体制
主催:沖縄県商工会連合会、市町村商工会後援:沖縄県(予定)
(6)出 展 数
14社(予定)

2.OKINAWA 県産品応援マルシェ
(1)目 的
コロナ過で大きな影響を受けている県産品販売事業者の販売場所確保と県民への県産品利用を促し、産業まつり期間中に実施することで相乗効果を図る。
(2)期 間
令和3年10月23日(土)・24日(日) 10時~18時
(3)場 所
県庁前県民広場
(4)会場構成
①菓子・食品 焼き菓子、揚げ菓子、畜産物加工品、海産加工品、他
②酒類・飲料 泡盛、ビール、リキュール、果汁飲料、お茶、他
③購入者特典(検討中)・ガラポン抽選会(1 等・2 等・ハズレ)
(5)実施体制
事業名:官民連携による県産品応援プロジェクト事業
事業委託者:沖縄県商工労働部ものづくり振興課
受託者:(株)海邦総研・(株)沖縄県物産公社(共同企業体)
(6)出 展 数
12社(予定)

3.沖縄県中小企業団体中央会ブース
(1)目 的
組合並びに組合員の扱っている製品や商品、技術・サービスの品質の向上、県内外への
PR及び需要拡大等の販路開拓を促進するために消費者ニーズの調査や組合産品の展示販売を実施する。
(2)開 催 日
令和3年10月23日(土)~10月24日(日) 10時~18時
(3)場 所
イオン那覇店前の緑地広場(ゆいレール小禄駅下広場)
(4)実 施
沖縄県中小企業団体中央会
(5)出展内容
本会会員組合及び組合員の取り扱う製品や商品、技術・サービスなどの展示・販売
(6)出 展 数
7組合・組合員(予定)

4.既存店等での販売及び紹介
(ポータルサイトに出展する企業の既存店や飲食店、酒蔵、工場施設を中心に全県に分散した形で実施する)
(1)日 時:令和3年10月23日(土)・24日(日) ※各社の営業時間
(2)場 所:県内各地(ポータルサイトで紹介)
(3)実 施:各出展者
(4)出 展 数:29社(予定)

5.新型コロナウイルス感染症に係る地域分散会場の「実施等」に関する取り決め
(1)実施基準
①特措法に基づく緊急事態措置に係る沖縄県対処方針及び新型コロナウイルス感染症に係る沖縄県イベント等実施ガイドラインの遵守
②飲食(試飲・試食含む)の禁止
(2)そ の 他
①新型コロナウイルスの感染状況等を総合的に判断し、沖縄県からイベントの中止要請があった場合は上記1~3は中止する
②出展企業が自社店舗・酒蔵等で行う地域分散会場を中止にするかは各社の判断

その他

1.広報宣伝
(1)印刷物による広報
  ポスター、案内チラシ、新聞による広報
(2)SNSによる広報
(3)リアル店舗誘客・消費拡大「デジタルスタンプラリー」による広報
(4)テレビ・ラジオによる広報
(5)パブリシティーによる広報
(6)県庁広報誌等による広報
(7)工連ホームページによる広報 アドレス http://www.okikouren.or.jp
(8)特設ポータルサイトによる広報 アドレス http://sangyo-maturi.okinawa

2.記者発表
(1)日 時:令和3年10月22日(金)  10時~
(2)場 所:県庁記者クラブ

3.オープニングセレモニー
(1)日 時:令和3年10月23日(土)  9時30分~
(2)場 所:県庁前県民広場
(3)参加者:沖縄県知事、那覇市長、内閣府沖縄総合事務局長、沖縄県商工会連合会会長、
  沖縄県中小企業団体中央会会長、(株)沖縄県物産公社社長、
  沖縄の産業まつり実行委員会会長(沖縄県工業連合会会長)

4.新型コロナウイルス感染防止策チェックリスト
  □マスクの着用(気温・湿度が高い中でのマスク着用は熱中症に注意)
  □対人距離の確保(できるだけ2m以上)
  □手洗い、手指消毒の徹底
  □定期的な消毒(他者と共有する物品)
  □事前の検温
  □体調がすぐれない方の参加制限
  □参加者の把握
  □RICCA(沖縄県新型コロナ対策パーソナルサポート)等の確認

5.リアル会場(協力2機関)
  ・沖縄県酒造組合
  ・沖縄県衣類縫製品工業組合