はいさい ぐすーよー ちゅーうがなびら。

                               

 沖縄の産業まつりは、昭和52年から開催され今年で45回目を迎えます。毎年、生産者の生産意欲の高揚と県産品に対する消費意識の啓発を図る場として、本県の産業振興に大きく貢献するとともに、県民のみならず観光客の皆様にも親しまれている催しとなっております。

 「県産品 使って贈って 笑顔の輪」をテーマに、今年もポータルサイト及び地域分散での開催となります。
 ポータルサイトでは県産品の紹介や販売が行われるほか、県産品の優先使用及びその奨励を図る支援機関の取組などを紹介しております。
 地域分散においては、県庁周辺や出展企業の既存店、酒蔵、工場施設等で各種販売会や様々な取組が実施されますので、こちらにも是非足をお運び下さい。

 沖縄の地域資源・特性を生かした県産品は、近年、品質や機能性、デザインなどの技術力向上が進み、また、県内企業の創意工夫により、消費者や時代のニーズにマッチした新しい商品なども生まれ、国内外での認知も高まっております。沖縄の産業まつりが多くの県民の皆様にとって県産品の魅力に触れ、県産品が一層愛用される機会となります事を期待しております。

 さて、新型コロナウイルス感染症が沖縄の社会経済活動に大きな影響を与える中、沖縄県においては、昨年度策定した経済対策基本方針の出口戦略ロードマップに基づき、Eコマース活用による県産品販売促進などの需要喚起策を推進しているところです。
 あわせて、これまで以上に県産品の優先使用や県内企業への優先発注を積極的に推進し、県産品使用の奨励と啓発に努め、県産品の需要回復と今後の拡大に向けて取り組んでまいります。

 県民の皆様におかれましては、是非、この機会に沖縄の地域資源・特性を生かした県産品の魅力と、優れた県内企業の取組に触れていただきますようお願いします。

沖縄県知事 玉城デニー

 沖縄の産業まつりは、本県の全産業を紹介する県内最大の産業イベントです。長年にわたり県産品の品質の向上や販路拡大を図るなど、県内産業の発展に大きな役割を果たしております。
 45回目を迎えた今年は、長引く新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点から従来通りの開催が困難となりました。そこで、昨年開催したポータルサイト・地域分散開催の内容をより充実させた形で実施いたします。

 産業まつりは、年々洗練されていく沖縄県産品の最新情報に接する絶好の機会です。ポータルサイトでは、産学官の取り組みや、県産建材、食品から工芸品まで沖縄県産品を広くご紹介いたします。また、地域分散開催では感染対策を徹底し、那覇市内に3ヵ所設置した特設会場や出展者の店舗などを会場と見立て、各地に分散した形で実施いたします。特別企画として、登録された会場などへ来場、または買い物をすると県産品が当たる抽選に応募できる「デジタルスタンプラリー」を実施いたします。

 産業まつりにおいて多くの皆様が沖縄県産品に対する更なる理解を深め、県産品を愛用することが、県内産業の活性化や関連産業への波及、所得水準の向上、雇用の創出・確保などを通して、沖縄地域社会の発展につながることをご認識いただければ幸いです。

 つきましては、多くの皆様が沖縄の産業まつりを通して沖縄県産品をご愛顧くださいますようお願い申し上げるとともに、まつり開催に際し、多大なご支援・ご協力をいただきました出展者や協賛企業並びに関係者の皆様に心から御礼を申し上げます。

沖縄の産業まつり実行委員会 会長 古波津 昇